読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨガの効果・ヨガのいいこと

ヨガが教えてくれる心と体と美と健康~Beautiful Life~

ヨガは運動なの?他の運動と違うヨガの効果って?

インナーマッスルがついてきましたね

 
と、生徒さんに言うと、「え!?ほんとですか!?健康診断で唯一引っかかったのが筋肉量の少なさだったんです」と☆
 
筋肉量が少くて、健康診断のとき医師に「なにか運動してる?」と聞かれたそうです。
 
なので「ヨガを始めました」と答えたところ、その医師に「ヨガは運動じゃないよね」と返されたとか。
 
…おまい一回やってみるか。
 
f:id:kireinakurashi:20160731202149j:image
 
って冗談ですwwコワイですねコレ↑(笑)
 
 
 

運動ってなんでしょう?

ウィキペディアによれば運動とは、
健康のため、身体を鍛えるため、楽しみのため、などといった目的で身体を動かすこと。→スポーツ、フィジカルトレーニング(体育)。例: 準備運動、有酸素運動無酸素運動
だそうです。
 
 

ヨガは有酸素運動無酸素運動か?

呼吸を意識しながら行うヨガはモロに有酸素運動です。
 
ヨガのポーズをとりながら深い呼吸をするのは至難の技☆
 
初心者は息を止めてしまいがちになるので、意図せずに無酸素運動有酸素運動をいっぺんにやることになるかも(笑)( ←そうならないようにやるんですけど)
 
ということで、ウィキペディアのいう運動ですね(^^)
 
簡単そうに見えてヨガは結構な運動です。
たいして体を動かしていないのに汗が噴き出す!
 
アスリートや、普段からジムなどで鍛えている男性生徒さんたちから、「ヨガなめてました」との感想をいただきます。
 
といって、ハーハー息が上がったりするキツイ運動とは違うんですけどね☆
 
 

ヨガと無酸素運動

ヨガの呼吸法には無酸素運動と同じ効果のあるものがあります。
 
外側から見えないですが、インナーマッスル総動員ですp( `ω´)q
 
なので内側から汗が噴き出します。
細胞レベルのデトックス(汗が出るからではなく)です。
 
バーベルなどの道具がいらない無酸素運動もできちゃう。それが呼吸法☆
 
  

よく言う「体力」とは

「筋力」「筋持久力」「全身持久力」「柔軟性」を合わせたものです。 
これが欠けていると姿勢が崩れて「猫背」や「反り腰」「いかり肩」などになります。
 
ヨガは、「筋力」「筋持久力」「全身持久力」を鍛え、「柔軟性」を高めます。
だから姿勢がきれいになる。
 
柔軟性を高めるには筋力がいるんです☆
どの筋肉を意識して動かすのかを知ることで正しく柔軟性を高めていけます。
 
体力がついて、姿勢がきれいになります
 
ヨガで体力がつく理由は他にもありますが、それはまた今度改めて書きます。
 
 

ヨガの効果

  • 心拍数をあまり上げることなく、アウターマッスル+インナーマッスルの両方を鍛えることができる。
  • 体力がつく。
  • 姿勢がきれいになる。 
  • 呼吸が深まり、体が整うのでイライラしたりしなくなる。
  • リラックス効果がある。
  • 肩こり、腰痛、頭痛などの不調が改善する。
 
 
 

結論

ヨガは運動です☆
 
f:id:kireinakurashi:20170216115319j:image
 
運動で運動以上のもの。
体と心を整える、バランスさせるもの。
 
ストレスに強い。
元気でやる気に溢れてる。
体力がある。
見た目が美しい。
 
冒頭の生徒さん、翌週には他の生徒さんから「なんだか体型が変わりましたね。筋肉がついて、姿勢がしゅっとしてきたって感じ」と言われてました。
 
ヨガの効果は、運動+∞(無限大)☆
やってみようかなと思ったら、お気軽に体験へどうぞ♡ 
 
 
☆内側から健康に美しく☆