読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨガの効果・ヨガのいいこと

ヨガが教えてくれる心と体と美と健康~Beautiful Life~

お肉食べる?食べない?

インナービューティー アンチエイジング アーユルヴェーダ 花粉症 疲労 ヨガの効果
ヨガインストラクター養成講座の生徒との話の中にはとても興味深い視点があったり話が出たりします。

毎回メモっておけばいいのにやらないから忘れちゃう。

でも今読んでいた本で生徒との会話を一つ思い出しました。

「気づいたらずっとお肉食べてなくてビックリ」
「前よりあまり食べなくなったし、食べたいとも思わなくなった」
「お肉って食べなくてもいいですよね」

という会話がありました。

f:id:kireinakurashi:20150914092423j:image

スゴい言い方をしてしまえばお肉は動物の死肉。
と言うと気持ち悪いですね(⌒-⌒; )

別にアンチ肉食なわけではありません。

私はもともとものすごい肉食で、焼肉行ってもお肉しか食べない。

ステーキを食べに行くと、ライスorパンと聞かれるのが小さい頃から不思議で、お肉を食べるのにナゼご飯かパンか聞くんだろう?と思っていたくらい。

「肉だけあればいい」という人間でした(^◇^;)

ライスかパンか必ず聞かれるから頼まなきゃいけないと思い込んでいたけど、
断われると知ったのはかなり大きくなってからです。

そんな私…

今はお肉を食べなくなりました。

別に菜食主義者ではないですが、自然と食べなくなりました(歳?)

食べられない・または食べないと思われているときがありますが、そういうわけではないので、友人と食事をするときなどには食べることがあります。

お肉料理は得意だし、たま〜に開くホームパーティーのときは作ったりもします。

f:id:kireinakurashi:20150914092449j:image

初めはマクロビとかローフードとか習ったりして「菜食主義をやってみよう」から始めたんです

外食やお付き合いもあるからなかなか難しいところもありましたが、その辺りは臨機応変に( ̄▽ ̄)

それだけじゃなく、ヨガを続けるうちに勝手に体が変わったらしいです。

「要らないものを排除する」

ヨガを続けると現れるヨガの特徴です。

本来自分に必要ではないものは取り入れなくなる、欲しくなくなる。

ヨガをする人にお肉を食べなくなる人は多いのですが、どうやら私もお肉はあまり必要ではないということみたいです(←元・超肉食のクセに)。

お肉を消化するにはものすごい量の酵素が必要で、つまり消化が悪くて体にとってお肉は負担。

もし消化しきれなければそれは未消化物となって体に溜まる(毒素となる)。

消化に酵素が大量に使われれば、代謝に回す酵素が減ります。

太るし老化を促進するわけです。


に色々と書いてあるので、詳しくは割愛しちゃいますが、

☆お肉を食べないと便が臭くない

☆オナラが臭わない・(ほとんど)出ない

アトピーや花粉症が改善される・治る

☆体が軽い

☆持久力がつくなどの変化が私にはありました。

もともと無臭と言われているから体臭に変化があるのかわかりませんが、お肉を食べなくなって体臭がなくなった人は多いようです。

肉断ちをして体質改善にトライしてみようかなと思ったら3週間はかかります。

味蕾の細胞が入れ替わるのは約3週間。
つまり味覚は約3週間で変わるんです。

が、

大抵は3週間経つ前に気持ちが折れ、肉断ちする前に意欲が断たれることが多いようで、ある意味ダイエットと同じような感覚かなぁ(⌒-⌒; )


にも同じようなことが書いてありますね。

お肉に限らず、体に未消化物を残さない。

毒素を体に溜めない。

消化力を高めて毒素を排出することは、体を内側から美しく健康にします(つ∀`).+°o*。.'

そこでインナービューティーを目指す!

自分に合った食べ物や食べ方を学ぶデトックスビューティー講座を10月10日に開催します☆

毒素が溜まっていないかチェックして、自分に合ったデトックスを知り、疲労もコリも痛みも余分な脂肪もない体を一緒に目指してみませんか?

詳しくはこちら↓
f:id:kireinakurashi:20150914092836j:image