ヨガの効果・ヨガのいいこと

ヨガが教えてくれる心と体と美と健康~Beautiful Life~

パニック障害になるところだったのかもー私のパニック克服法ー

 

腰痛や頭痛といったことから、うつ症状やパニック障害など、レヴンに寄せられるご相談やお悩みは様々あります。

そんな中、私自身の古い記憶がよみがえってくることがあります。

 

「あれ?あの時の私はパニック障害を起こしかけていたのかも?」

 

www.leaven-inc.com

  

 

漠然とした不安から解放されるためにできること

将来どうなるかわからない。

将来のリスクを考えて生きている。

もしこんなことになったら。

もしあんなことになったら…。

 

色々とこみ上げる不安に悩んでいますか?

www.leaven-inc.com

 

「どうにもならないこと」で悩まなくなると人はどうなるのか

4ヶ月の間続いた人体実験。

もとい。

社会見学が先月末で終わりました。

 

いや~タイヘンでした。

おそらく多くの人にとって「当たり前」なことが、私にとっては「タイヘン」なことだと改めて思いました。

 

最後には蕁麻疹できちゃいました。

記念に写真を撮っておこうとしたら、何度撮ってもボヤけちゃうので、撮るな載せるなってことかなと思うのですが、生腹さらします。

www.leaven-inc.com

アメリカ流の予防医学とサプリメント

1日3食量多め。

ヨガをしていると体が勝手に調整するようになるそうで、そんな食事をした日の翌日だからかあまり食べ物を欲しない。

 

というわけで、なんとなく食事の代わりになるものを〜…とスーパーをウロウロして見つけたのがコレ☆

オーストラリアのスムージーです。

ネーミングも気に入りました。
イントロジュース・スーパーフード(上手い!笑)

 

f:id:kireinakurashi:20170828183508j:plain

 

アメリカで発達した予防医学 

先日、生徒さんからサプリメントについて質問がありました。

海外ではずっと以前から飲まれていますが、日本でもサプリメントを飲む人が増えましたね。

アメリカのドラッグストアに行くと、日本の何倍もの種類のサプリメントが並んでいます。

日本と違ってアメリカには国民皆保険制度がなく、プライベートで医療保険に入るには保険料が高い。

ちょっとした検査でも高額な料金を払わなければならいため、アメリカでは簡単に病院に行けないひとがたくさんいます。

ニュースを見ながら、アメリカのおばあちゃんが医療保険制度に不満を漏らしていたのを思い出しました。

アメリカにたくさんのサプリメントがあるのは、予防医学の1種なのでしょう。


サプリメントの選びかた

そんなアメリカでサプリメントを購入する人たちは、きちんと表示を見て、どんな材料が入っているのか確認します。

作っている会社がどれくらい前からあるのか、どんな研究をしているのか、研究データまでネットで調べる人もいます。

そしてそんな厳しい目で見ていると、ホールフーズに行きつきます。

そのためか昔よりホールフードのお店が本当に増えました。

ホールフードというのは、自然のままのもの、人工的でないものといった食品のことです。

サプリメントにも質の良いものと、そうではないものがあります。

値段ではなく、きちんと材料や、できればメーカーについても調べて選んでください。

また、「目の調子が悪いから目にいい成分を」でもいいのですが、それよりもそれが疲れからなのか、老化によるものなのかなど原因から考えて選ぶことをお勧めします。

 

インナーケアと健康寿命

日本人は平均寿命も、健康寿命も世界1位。

でも寿命と健康寿命の差が男女とも約10年あります。

www.msn.com

寿命が長くても、健康寿命が短ければ、寝たきりや、介護を必要とする状態で長期間過ごすことになる可能性が高いということです。

 

セレブやモデルなど、健康や美しさに対する意識の高い人は、スキンケア商品やメイクアップよりも、インナースキンケアにお金をかけます。

内側からのスキンケアですから、バランスのとれた食事やホールフードを選び、運動をして、睡眠をきちんととる。

結果的に健康の維持・増進につながります。

 

子どもの頃からの環境で、私の食事はホールフードやオーガニックといったものがほとんどを占めていますが、サプリメントは飲んでいません。

 

でも、どうしても食事のバランスが悪くなりがちだったり、必要とされる栄養素が不足するような場合はサプリメントで補うのはいいと思うのです。

 

そして紹介した記事にも、健康寿命を延ばすには、バランスの良い食事・運動・外出する習慣とあるように、健康や美は摂取するものだけで実現できないもの。

 

インナーケアに投資すること=健康になる+化粧品代は安く済むし医療費もかからなくなる。

 

サプリメントは補助として取り入れて、身体と心によい食事と、適度な運動、質の高い睡眠と、ストレスケアで、健康寿命を延ばす。

 

医療費や保険制度がどんどん厳しくなる日本。健康に対する意識を高く持つことは、この先ますます必要となってくるでしょう。

  

www.leaven-inc.com

 

あなたは大丈夫ーパニック障害・自律神経失調症・うつー

パニック障害、自律神経系、ウツなどに悩む人たちからのお問い合わせが続いていますここ最近。 

その中に、

通いたいけど遠方で行けません。なにかアドバイスをください。

といったお問い合わせが。

 

今年は例年にも増して気候がおかしいためか、体調を崩す人が多い気がします。

 

クラスに参加できないけれど、今ある症状を改善したい!という人たちのお役に立てたらと解決改善法を書いてみました。

www.leaven-inc.com

体型が変わる不調がよくなる呼吸

「痩せるためにはきつい運動をしないと!」

→しなくても痩せます

 

「腹筋頑張ってもお腹が凹まない!」

→腹筋運動じゃお腹はへこみません。

 

「腰痛が治らない。原因がわからない」

→原因不明の腰痛の多くは共通して呼吸と姿勢で改善解消します。

 

他にも、自律神経失調症・肩こり・冷え・疲労・不眠・生理痛・不妊などなど、不調の原因は呼吸であることが少なくありません。

 

別にわたくし呼吸信者ではないです。

そもそもそんなものがあるかもわかりませんけど(笑)。

 

なんで?どうしてそうなるの?という性格なので、気になるものは調べる・試す・実験する。

 

人体一つとっても気づいていないこと、知らないこと、まだまだたくさんあります。

そんなことをシェアしています。

 

ワークショップとは 

さて、今回の特別ワークショップは呼吸。

f:id:kireinakurashi:20170822232121j:image 

呼吸をするのに使われる、横隔膜・腹横筋・骨盤底筋群・多裂筋といったコアユニットについて知識の共有から始めます。

 

コアユニットについては、諸先生方が書いていらっしゃるので興味のある方はネットや本で調べられます。

 

知識をインプットするだけでなく、実体験するアウトプットがあるのがワークショップ☆

 

横隔膜がちゃんと動くと肋骨の下部はこんな動きなんですよ〜なんて、実際の動きを知ってもらうために触ってもらったりします。

f:id:kireinakurashi:20170822233312j:image
自分と比べて想像以上に動くことに驚かれることが多いのですが、本来みなさんも動くんです(使っていない人が多いですけど)。

 

呼吸に使われる筋肉の形・動き・役割を知っておくと、実践に取り組むときの感覚が全然違ったものになります。と感想をいただきます。

 

呼吸に使う筋肉は深層筋なので、見れないし触れない。

わかりにくいし、感知しにくい。

無意識でも動いてくれる筋肉や内臓はみんなそうなんです。

じゃないと疲れちゃいます。

心臓やら腸やら動かそうと意識しないと動かなかったり、歩くたびに「右足を前に左足前に」なんてやってないですよね。

 

そんな見えなかったり触れなかったりする筋肉は無関心になりやすく、放置しがちで、衰え老化する。

 

そういった深層筋を意識できるだけで、体型は引き締しまり、体調は良くなります。

f:id:kireinakurashi:20170823092726j:image

 

呼吸と姿勢

呼吸に使う筋肉は、姿勢を支える筋肉と同じです。

つまり、これらの筋肉が衰えると、呼吸だけじゃなく姿勢も悪くなります。

そのままにしていると、

  • 体型が崩れる
  • 老けて見える
  • お腹が出る
  • 神経系が乱れる
  • コリや痛みになる
  • 疲れがとれない
  • 様々な不調の原因になる…

と、色々望まないものたちのオンパレード。

 

それじゃ鍛えなきゃ!という気になった人。

素晴らしいです!

でもその前に大切なことがあります。

コリ固まった体では動きが悪いのです。

そして筋肉を鍛えるなら、体が硬いと非効率です。

 

それについては前回書きましたので、


まずほぐすことが大切です。

 f:id:kireinakurashi:20170823120330j:image

 

呼吸を実践するときは、まずは自分の体と呼吸の観察から始めます。

 

仰向けになって、 どこかに詰まりを感じないか。

どこか硬さを感じないか。

お腹の動きは、胸の動きはどうだろう。 

自分の呼吸と体の反応や感覚に意識を向けます。

 

次に、コアユニットの筋肉それぞれの動きを感じとる。

集中力も鍛えられます。

その後は連動して働いているのを身体感覚で捉えるようイメージします。

最後にコアユニットを意識的に使って鍛えていきます。

 

個別のお悩み、症状、目的に合わせて、普段はパーソナルでしかやらずにいましたが、今回やってみてグループでも「基本はできる」と思ったので、また開催したいと思います。

 

伝えたいことがたくさんあって、時間が足りない!と思ったので、次回は時間を少し伸ばしてもう少しゆっくりやります。

 

時間オーバーしてるのに、すみません☆

最後に簡単なウォーキングレッスン。

歩き方は骨格や見た目に影響大ですから!

f:id:kireinakurashi:20170822235155j:image

コアユニットを使った後なので、みなさんバランスが良い。

 

…しまった。

 

比べられるよう、最初にやっておけばよかった。

 

でも体幹が使えているのは素晴らしい。

歩き方や立ち方の所作も、見た目も美しくなります。

ちょっとでも刺激を与えると働いてくれるんですね。

 

参加してくださった方々から、ちょっとしたときに意識している、気づいていなかった自分のことに驚いている、深い!と思わされる素敵なメールをいただき、驚くやら拍手したいやら。

 

次回開催はブログかホームページで告知しますので、興味のある方はときどき覗いてみてください。

 

www.leaven-inc.com

 

美しい姿勢と引き締まった体を手に入れて不調も改善する特別ワークショップ

普段はパーソナルでしかやらない、一回でウエストがサイズダウンする人も少なくないスペシャルワークショップ(基礎編)やっちゃいます!

きつい運動をしなくても、美しい姿勢と引き締まった体を手に入れ、原因のわからない不調、こりや痛み、О脚も改善できます。

どんな運動よりもあなたを変えてくれるスペシャルワークショップです。

f:id:kireinakurashi:20170813083528j:plain

なにをやっても痩せない・体調やメンタルがすぐれない・色々やっても効果が出ない

それ頑張りすぎているからかもしれません。

頑張りすぎた体は硬くなるんです。

そして体が硬いとコリや痛みや、運動のパフォーマンスが落ちたりする原因になります。
また体が硬くて呼吸がうまくできていない人は姿勢が歪んでいることが多く、内臓が正しい位置にない☆

それゆえ、

  • 疲れやすい
  • 冷える
  • 便秘になる
  • すぐ疲れる
  • 疲れがとれにくい
  • お腹がポッコリしている
  • 痩せにくい

他にも様々な症状に悩む人が少なくありません。

呼吸だけで腹筋が割れていく・痩せていく

ホントに!?

と、まだ息の威力を知らなかった私。

それまで呼吸について教わったことなんてなかったし気にかけたこともなく、呼吸を気にするなんてマラソンとか水泳の授業の時くらい。

そんな呼吸が心身に強い影響があることを知って興味を持ったのは十数年前。

呼吸って生まれたときに初めて行う生命活動ですよね。

そして生まれて最初に取り組むトレーニングでもあるんです。

赤ちゃんのぐにゃぐにゃしていた首が据わって、寝返りを打てるようになって、ハイハイをして立ち上がれるようになるのは呼吸のおかげなんです。

日々呼吸をすることで、呼吸筋がトレーニングされ、姿勢が安定するようになり、立つ、歩くということができるようになるんです。

その頃のように呼吸を再教育し、体を本来あるべき状態にリセットし自然体に戻ることで体は驚くほどラクになります。

 

痩せるためにきつい運動はしなくていい

痩せるためにきつい運動は必要じゃないし、無駄になってしまうかもしれません。

ダイエットしているのに効果が出ないのは、呼吸の乱れと姿勢かもしれません。

「呼吸に使われる筋肉」は「姿勢を安定させる筋肉」です。

美しい姿勢を支えるのは背骨や骨盤回りの筋肉なんですが、ここがこわばって歪みが生じると、本来働くべき筋肉は固まり代謝が低下します。

硬く機能が悪くなった筋肉はお休み状態なので、負荷をかけても運動を行っても非効率なんです。

それに呼吸に使われる筋肉が衰えると、内臓は本来あるべき位置から下に落ちてしまいお腹はポッコリ。

効率よく美しい体型を手に入れるためには、インナーユニットと呼ばれる姿勢を安定させる筋肉へのアプローチが鍵です。

 

f:id:kireinakurashi:20170813084609j:plain


体の深層部にある「腹横筋」「多裂筋」「横隔膜」「骨盤底筋群」の4つの筋肉は、わたしたちが姿勢を変えるたびいち早く反応し、安定させる役割を担っています。


そして内臓をあるべき場所にきちんと収めるコルセットの役割も担っていますので、ここを鍛えなければお腹はペタンコになりません。

このインナーユニットと呼ばれる筋肉は、呼吸をするための筋肉と同じです。

呼吸はこのインナーユニットと呼ばれる筋肉を使って繰り返されています。


頑張っても痩せない、運動のパフォーマンスが上がらない原因が、乱れた呼吸にある人が少なくありません。

それから、痩せるための運動はツライものだというのは刷り込み思い込みです。

私たちは1日に2万回も呼吸に使う筋肉を動かしています。

これはジムや自宅で行っている腹筋よりはるかに多い回数。

新鮮な酸素を取り込みながら行う筋トレは、細胞に必要な酸素を行きわたらせ、細胞活動を活性化し、エネルギーを作りだし、代謝を上げます。

繰り返しますが、毎日2万回も呼吸をしているんです。

生きるための基本である呼吸を見直し、本来の体の機能を取り戻すことは、どんな運動より必ずあなたを変えてくれます。

 

呼吸と姿勢が原因の不調

  • 肩こり、頭痛、腰痛、胃腸の働きが悪い、冷え、むくみ、便秘などの不調に悩まされている人。
  • 病院に行くほどでもない、行っても原因がわからない不調に悩んでいる人。
  • どこに行けばいいのかわからない、生まれつきだからとか体質だから仕方ないと思っている人。

呼吸が浅いためにコアの筋肉がうまく動かず、呼吸をさせようと他の筋肉が無理をして頑張っていませんか?
こういった呼吸を続けていると、背中や肩や首に負担がかかり、歪みやコリの原因になります。
神経伝達に大きく関与している背骨が歪んでいては、神経伝達にも乱れが生じて自律神経の乱れや不定愁訴の原因にもなります。

 

気分の落ち込みも呼吸で上向きに!

ストレスの感じ方はそれぞれ違いますが、ストレスを感じると体は緊張し、呼吸を司る筋肉群が硬くなります。


呼吸と共に体の要らない力を抜き筋肉の緊張がとれると、脳には休めの信号が送られます。
そして脳が快くなった信号を発すると体もほぐれ緊張から解放されます。

脳が快い信号を受け取ると、脊髄を通る自律神経を伝って各臓器やホルモンの分泌を促す指令を出します。

f:id:kireinakurashi:20170813095045j:plain


この自律神経が呼吸によりコントロールでき、働きを整えることができるのです。
自律神経に「交感神経」と「副交感神経」があるのは聞いたことがあるのではないでしょうか。


交感神経はエネルギーを使って活動をさせ、副交感神経はエネルギーを補充したり、休ませたりする役割を果たしています。

活動するときは交感神経が、ゆったりするときは副交感神経が働いています。


活動と休息のバランスを取っている自律神経が乱れると、昼間でも眠い、疲れがとれない、暑い日でも手足が冷えている、気分が悪いといったような様々な不調な症状が出ます。


呼吸をコントロールすることで、体も気分もコントロールできるイメージは持てますか?

 

不定愁訴・生理痛やPMS・尿漏れ尿失禁の悩みも解決!

何年も続いて当たり前のように思っている女性も多い月経は、体にとって大仕事です。

約1か月の間に、毎日コツコツ胎児のためのベッドを作り、月に一度子宮内を大掃除する。
ホルモンの分泌や体温だって変化するんですから、すごいですよね。

女性の体は毎月骨盤の開閉が繰り返されています。
自分ではわからないくらい小さな動きですが、月経に向けて骨盤は開いていき、月経が終わると閉じていきます。
でも骨盤が歪んでいたりして、開閉がスムーズに行われなければ、子宮や卵巣を圧迫したり、ホルモンのバランスが崩れたりする可能性があります。


骨盤は体の要。上半身と下半身のバランスをとる場所。
背骨や脚の歪みや、股関節の可動域にも関わってきます。

尿漏れパッドのCMを見るたびに、体が動かせる人なら要らない人が多いのにと思ってしまいます。

尿漏れや尿失禁も呼吸を使って改善予防ができるのはインナーユニットが鍵です。

忙しいから、疲れているだけだから、体質だからなんて思わないで。

生理痛やPMS、尿漏れ尿失禁の悩みをなくしましょう!

 

美しい姿勢と引き締まった体を手に入れて不調も改善する

一回でウエストがサイズダウンする人も少なくないスペシャルワークショップ(基礎編)です。

きつい運動をしなくても、呼吸筋を使えるようになることで美しい姿勢と引き締まった体を手に入れ、原因のわからない不調、こりや痛み、О脚も改善できます。

本来の体の機能を取り戻す呼吸は、どんな運動よりもあなたを変えてくれます。

 

日程 :2017/8/20(日)14:00~15:30

受講料:¥6000(税込)テキスト+レッスン料+レヴンのチケット10%割引券

持ち物:動きやすい服装

 

お申込みはこちらからお願いします 

www.leaven-inc.com