ヨガの効果・ヨガのいいこと

ヨガが教えてくれる心と体と美と健康~Beautiful Life~

リラクゼーションの本当の意味を知ってもっと自分を好きになる

リラックスするのは好きですか?

リラックスしたいですか?

 

リラックスしたくないという人は、あまりいないのではないかと思うのです。

なぜ人はリラックスしたいと思うのでしょう?
 
わたしがリラックスしたいと思う理由は、

  • 緊張している状態でずっといたら疲れるから
  • 心の余裕がなくなるから
  • 頭の働きが悪くなるから
  • ギスギスしたくないから
  • 疲れをとりたいから
  • 気分良くいたいから

心に余裕がないのも、ギスギスしているのも楽しくない。

疲れた表情や雰囲気でいるのは美しくないと思うし、そんな自分でいるのはイヤ。

心の余裕のなさや、ギスギスした雰囲気は見た目に出ますよね。

 

kireinakurashi.hateblo.jp 

といった個人的な理由だけでなく、実はリラックスすることは生理解剖学的に人体に必要なことなんです。

 

「リラックス」は生きるために必要

人は緊張をしたりストレスを受けたりすると、自然と体を硬くします。

無意識に行うのでその時は気づきにくいですが、これを読んでくださっているほとんどの方に経験があると思います。

 

そんなとき、私たちの筋肉や血管はギュッとなって、交感神経(自律神経の片方)が優位になった状態になります。

 

この状態が続くと、

  • 血流やリンパの流れが悪くなる
  • 神経系が乱れる
  • 免疫力が下がる
  • 代謝が下がる 

体の巡りが悪くなります。

 

つまり、

  • 栄養や酸素が体にいきわたらない
  • 体から老廃物が排出されにくい
  • 疲れが取れにくい
  • 見た目が早く老ける
  • 脂肪が溜まりやすくなる

ということです。

 

リラックスしたいと思うのは、心身の健康のため、自分を守るための本能だということがおわかりいただけると思います。

 

人にとって大切なリラクゼーションに、ヨガは良いとよく言われる理由は色々あります。といっても、リラックス効果の高いヨガレッスンと、そうでもないヨガレッスンがありますので、目的に合わせたヨガを選んでいただきたいと思います。

 

リラックスのためのヨガで、私が大切しているのが、

  • 余計な力(緊張)に気づくこと
  • その力(緊張)を自在に抜けるようになること

 の2つです。

 

なんだ、簡単じゃん☆と思われるかもしれませんが、人は力を入れることは簡単にできても、力を抜くには訓練が必要です。

 

体が硬い人が柔軟をしようとすると、要らない力が入っています。
どこに要らない力が入っているのかわからないから力が抜けない。
要らない力に気づいても、今度はその力を抜けないのです。

 

f:id:kireinakurashi:20170712210754j:image 

例えば、冬になると人は寒さでいつの間にか体に力が入っていることがよくあります。
でも体に力を入れていることにその都度気づくことはほとんどありません。
緊張やストレスを受けているときも、肩や胸や顎や眉間などに、いつの間にか力が入っていることに気づかないものです。

 

こういった気づかない緊張に気づいて、自在に力を抜けるようになると、いつでも自分をリラックスさせることができるようになります。

これもヨガの効果の1つ。

 

想像してみてください

  • イライラや緊張を、いつでも自在に、すぐに解くことができるようになったあなた。
  • 嫌なことがあっても、気持ちを上手に切り替えられ、引きずることがなくなったあなた。
  • 大事な場面で緊張せず、自分の力を最大に発揮できるあなた。 

多くのトップアスリートや武道家、経営者やエグゼクティブなどがヨガや瞑想を行う理由には、どんな状況でも自分の力を最大限に出せるよう、緊張したり力んだりしてしまわないよう、集中力や精神力を強化し、ケガをしないようにするためです。

 

ヨガは、ストレスコントロールや感情のコントロール、自己管理などを含めた、ヒトの持つチカラを最大に引き出す、古代から続く智慧です。

 

深い休息は、私たちの体と心を健やかに保つために本能が望むもの。

仕事や勉強もプライベートも、疲れた心身よりも健康でいた方がずっと上手くいきます。 

しっかり休むことも、自分の能力やスキルを高めることの一つです。

 

 心地よく生きましょう

www.leaven-inc.com