ヨガの効果・ヨガのいいこと

ヨガが教えてくれる心と体と美と健康~Beautiful Life~

もう冷え性はやめる!本当の温活&温活ファッション

アメリカ北東部マサチューセッツ州ボストン。

冬は氷点下になることが珍しくもないこの地域に長年暮らしていたら誰でも防寒対策に長ける( ̄▽ ̄)

寒いときは氷点下-16℃なんてことがあるこの地域では、おしゃれも考えるけど、なにより防寒が最優先(パーティとかデートは別)。

f:id:kireinakurashi:20161120093853j:plain

日本では男女問わず体温の低いひとが増えていて、年齢性別関係なく冷え性なひとが増加中だとか。

冷えてつらい、寒いの嫌いというひとの服装に、「温めるべきところを間違ってますよ~(」゚ロ゚)」」と言いたい(←言ってるけどw)。

 

冷え性で寒がりの人のための温活ファッション

寒がりなひとにとって、マフラー、ダウン、分厚いコート、手袋なんて当たり前。

でも忘れちゃいけないのがアタマです☆

あるとき「先生はやっぱり外国のひとですね」と言われたことがあって、理由を聞くと「いつも帽子をかぶっているから」だそう(笑)

 

外国の人=帽子なの?と一緒に笑いましたが、ファッションでかぶっているというより、第一の目的は防寒です。

 

頭は放熱が激しいところ。

体の熱の40%~80%が放熱されるというんだから、寒がりの人や冷え性のひとで帽子をかぶらないひとはかぶってみてください。
かぶるとわかりますが温かさが全然違います。冷え性さんには必須アイテムです。

 

防寒だけでなく、ファッションとしても好きなので色々かぶります♪(右下は冗談ですw)。

 

f:id:kireinakurashi:20161115002228j:plain 

 

それからお尻☆

自分のお尻を触ってみてください。

温かいですか?

お尻なんて冷たいの当たり前じゃん。なんて思ってます?

そんなことありません。冷えてるから冷たいんです。
冷え性のひとはお尻を触るといつも冷たいです。

 

内臓を循環する血液の量を増やす役割があるといわれるお尻が冷えている。ということは、内臓の血液量が減る。つまり内臓が冷える。冷え性の原因になります。

 

体が冷えたとき、体が真っ先に温めようとするのは脳と内臓です。

生命にかかわる部分が最優先され、手足などの末梢部分が最後に回されるのは当然っちゃ当然。だから手足は一番冷えを感じやすいんです。

手足を温めていても冷えが改善しないのは内臓の冷えかもしれません。

 

あったかパンツやモモヒキでお尻と、そしてお腹を冷やさないようにしましょう。

f:id:kireinakurashi:20161115002712j:plain

 

そして太もも☆

長距離ドライブのときや映画館で、「あまりトイレに行けないかも」と不安になったり、「途中でトイレに行きたくないなぁ」というときありませんか?

 

「寒くなくても太ももの上にひざ掛けや上着をかけるだけでトイレが近くなくなるから」と勧められたとき、「うそだぁ」と半信半疑だったわたしですが、本当にトイレに行きたくなる回数が減ったから驚き。

冷えないってことですね☆

 

それに、ふとももを温かくしておくだけでかなり温かい。

やってみると、お尻と同様、冷えを感じないくせに冷えると全身寒くなってしまうという部分なのがわかります。

 

いくら上半身にセーターやジャケット、ダウンを着込んでも下半身が冷えていると寒い。冷え性じゃなくても寒い。

でもお尻と太ももをしっかり温めておくと、上半身は薄着でも大丈夫なくらい温かくいられます。

 

上手に温まる冬の温活ファッションのポイントは2つ

 

  • お尻と太もも(下半身)を温める
  • 帽子をかぶる

 

毛糸のパンツに腹巻、ももひき♪

かわいいデザインや、あえて見せてファッションの一部にできちゃうものがたくさん出ています。

帽子も冬のおしゃれに取り入れてみるのはいかがでしょう。

 

さて☆本当の温活はここからです。

 

体の中から温めるー本当の温活ー

冷え性の一番の原因は「運動不足」です。

血流を作るのも、腸を動かすのも、熱を作るのも筋肉☆

外からいくら温めても、筋肉による発熱がなければ冷えを改善できません。

 

「手足がしびれるほど冷たくてツライ」

「寝るときなんて靴下をはいていても足が冷たくて何時間も眠れない」

こんなつらさ、まだ続けます?( ◞´•௰•`)◞ 

 

全身運動で筋肉を動かして、自分の熱源で発熱する体になることが一番の冷え改善方法です。

 

冷え性やめて自家発熱するようになった人たちは、「自分の体温から出る熱で布団を温めることができるようになりました」「便秘や目の下のクマは冷えが原因だったのがわかりました」と嬉しそう(^^)

 

知られてないみたいだけど、冷えていると、便秘、目の下のクマ、薄毛や抜け毛が増える、美容の面からみても冷え性はよろしくない面が多々。

そして体温の低下はもはや高齢化の問題ではなく、20代でも体温35度台の低体温のひとが〜ヽ(;▽;)ノ

 

動かしましょう筋肉!

温めましょう全身☆

 

そのためには筋トレ?

いえいえ、2つのことを身につけるだけです。

 

正しい姿勢と呼吸で冷え性は改善できる

正しい姿勢と、正しい呼吸を身につければ、自家発熱できます。

 

正しい姿勢を保つにはそのための筋肉が必要だし、呼吸が正しく深くなると体内の酸素が増えて冷えが改善されます。

おまけにこの2つ、一度身につけてしまえばそうそう衰えません。

 

正しい姿勢は、人が一番疲れない楽な姿勢です。

つまり一度正しい姿勢(=楽な姿勢)が身につくと、いつでも筋肉を鍛えているということになります。なんて一石二鳥なハナシ♪

 

とはいえ筋肉をつけるには少し時間がかかります。

人によって2か月~3か月くらい。

その間は今ある筋肉を冷やさないようにしつつやりましょう。

 

自律神経の乱れや、ストレス過多も冷え症の原因になります。

正しい呼吸で深い呼吸ができるようになると、自律神経が整う、ストレスとうまく付き合えるようになるといった効果があります。

呼吸に意識を向ける習慣がついて、浅い呼吸にもさようなら♪ アバヨ ( ̄ー ̄〃)

 

血流を良くして冷え性を改善

内臓が冷えてしまうと、血流はお腹に集中します。

手足が冷たいからと手足だけ温めていても、お腹が冷えていたら手足は温まりません。

 

姿勢の崩れで下に落ちた内蔵は潰れて血行が悪い☆正しい姿勢は落ちた内蔵を正しい位置に戻してくれます。

深い呼吸は内蔵をマッサージする効果があるので、内蔵の血流をよくします。

 

血液中に老廃物が溜まっているのも血流を悪くする原因。

お酒、タバコ、添加物はなるべく取らずに、血液サラサラを目指しましょう♪

 

運動は血液の循環をよくするので、適度な全身運動も血流を良くします。

 

食べ物だって冷え性に関係してる

アイスクリーム、ビール、サラダなどの生野菜、冷たくて体を内側から冷やすものをいつも食べたり飲んだりしていると冷え性になります。

白い小麦粉や砂糖など精製されたもの、コーヒー、添加物も体を冷やします。

 

白湯や体を温める食べものを選びましょう。

寒い地域や冬に取れる食べ物は体を温めるものが多いです。ショウガやネギなどの香味野菜も体を温めます。

 

サラダなど、体を冷やすものが食べたいときは、スパイスを上手く取り入れたり、温かいスープと一緒に食べるなど工夫して冷えから体を守りましょう。

 

冷え性にはお風呂

ゆっくりと湯船に浸かる。

冷えをとるだけでなく、疲れもとってくれます。

めんどくさいと言わずに、ぜひ体の芯から温まるまでゆったりとお湯につかって体を癒しましょう。

シャワーだけだと表面が温まるので温まった気がしますが、実はかえって体を冷やしてしまいます。

 

もう冷え性やめましょう

靴下を履いても、湯たんぽをしても寒くてなかなか眠れない。手足が冷たい。

日ごろの習慣で冷え性になるし、反対に冷え性を治すこともできます。

 

もう冷え性やめる!

と本気で思ったら第一にやるのは筋肉です。

 

血流を作るのも、腸を動かすのも、熱を作るのも筋肉☆

 

正しい呼吸はインナーマッスルを鍛えます。

正しい姿勢をキープすることで全身の筋肉を鍛えることができます。

美しい姿勢を保つのは自分でできるボディケア - ヨガの効果・ヨガのいいこと

 

服装や食べ物で体を冷やさないように、お風呂に入って体を温めながら、筋肉がつくまでの2か月~3か月を過ごしましょう。

 

“日ごろやること食べるもの”が体を作ります。

この積み重ねが温かい体を作ります。

 

正しましょう姿勢と呼吸!

作りましょう温かい体☆

 

手足が冷たすぎて痛い、手足が冷たくて眠れないなんてもう言わないで。

体の中から温める温活♪

今から始めましょう。

 

ヨガの冷え改善効果を実感してみたいときはスタジオへどうぞ♡

 

f:id:kireinakurashi:20161006105840j:plain

渋谷区原宿・表参道エリアのヨガセラピースタジオ~LEAVENレヴン~ 

www.leaven-inc.com