読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨガの効果・ヨガのいいこと

ヨガが教えてくれる心と体と美と健康~Beautiful Life~

年を取りたくない理由とアンチエイジング

アンチエイジング。まんま訳せば抗老化。

老化に抗う、老化を防止する。

なんで老化を遅らせたいのだろう?(・・?)

アンチエイジング、老化防止ってなんだろう?

 

f:id:kireinakurashi:20161210224755j:plain

老化?成長?進化?

昔から周りをあまり見ていないのか、見えていないのか、「ホントに目的物しか見えてないよね」と笑われることがあるけど、ときどき目が勝手に引き寄せられるものがある。そしてそれは強く印象に残るらしいのです。

 

電車内。年の頃は70歳前後。

13歳か14歳くらいだった私に「綺麗なおばあちゃんになりたい」と思わせた人。

 

人に見られるのがあまり好きじゃないから、人をジロジロ見るのを憚ってしまう私。

けど見ちゃう。

前に座る美しい人。

気にされないように、気を遣いながら。

チラ…。

チラ…。

 

スッと伸びた背筋。

揃えた脚。

ふんわりとカールのかかった真っ白で美しい白髪は、品の良いラベンダー色に薄っすら染められている。

飾り立てていない、ナチュラルで穏やかで品のある佇まい。

 

きれい*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

内側からのものが滲み出ている美しさ。

 

こんなおばあちゃんになりたい。

そう思ってしまった。

 

年の重ね方で「老化」か「成長と進化」か分かれる。

人はいくつになっても美しくいられる。

そう思わせてくれた人。

 

でもこのご婦人のことも、そう思ったことも22歳くらいまで忘れちゃってたんですけど(^◇^;)

 

年齢の捉えかた

アメリカにいた頃、早く30歳になりたかった。

なんとなく一人前扱いされる年齢が30歳なんだなと思うときがあったから。

例えば自動車保険が30歳以上になるとすごく安くなるとかそんな類だけど(笑)。

 

日本食料品店とかにいくと日本の雑誌も置いてある。

たまに手に取ることがあって、ファッション誌なんかを見ると、「きれい」「美しい」と思う感覚の違いというか、美への価値観が違うのがおもしろかった。

 

その中で気になったのが年齢への考え方や捉え方。

まだまだこれからが楽しいんでしょ!?これから自立して人生始めるんでしょ!?っていう年齢が、「もう年が・・・」みたいな価値観。

 

色々な経験して、学んで、吸収して、自分を磨いて、進化して成長する。

それを続けていくのが人生じゃん。20代や30代そこらで「もう年が」ってあなた。

そんな風潮や思考が蔓延してたら、老化するのも早くなるわ〜( ´△`;)って友人たちと話してた。

 

でも今は随分変わった気がする。当時より「もう年が・・・」って言う年齢が上がったというか。いいことだわ☆年齢でなんでもリミット決めちゃったらモッタイナイもんね。

 

若く見えることは大事なのか

シワ、シミ、くすみ、たるみ。

う〜ん( ̄^ ̄)たしかにあんまりいらない。

でもねぇ、不自然なのもイヤなの。

 

以前すごく可愛い20代前半の女の子が、「頑張ってる感すごいじゃないですか」と美魔女と呼ばれる人たちのことを言っていたことがある。

 

美魔女と呼ばれる人たちを否定する気なんて全然ない。きれいでいようとすることは素敵なこと。ただ美魔女ってコトバはどうなの?…というか「変なの」とはずっと思ってるけど。

 

シワもシミもたるみも正直あんまりいらないけど、年齢重ねれば当たり前。

当たり前だけど、サボっちゃダメ☆

ありのままを受け入れることはサボることじゃない。

 

美に気を使うのは男女ともにあってほしいし、特に大人には身だしなみの一つだと思う。
考え方、立ち居振る舞い、気遣い、思いやり、着こなし、全てがそれまでの経験によるもので磨かれて表に現れる「美」。

見た目の若さを追いかけるようなアンチエイジングは私的には( ̄ー ̄〃)ノ違う。

 

私のアンチエイジング

サボらないこと。美意識を高く。

年相応の美しさを磨くを楽しむというか。

 

3次元で生きてる限り体は基本で資本で、入れ物であり、乗り物だと思ってる。

清潔にしていると気持ち良い。

壊れたり故障したりすると、やりたいこともやりにくい、行きたいところにも行きにくいなんてことになるからケアをする。

 

肌や髪、気づかないうちに筋力が落ちて老けた見た目になりがちな姿勢や歩くときの足の運び方に気をつける。

 

あれ?( ゚д゚)

  • 身体を清潔に保ち、体内を浄化する。
  • 筋肉や関節を正常に保ち体を整える。
  • 常に学び向上し、周りも自分も傷つけない…

 

ヨガにはこのような八支則なるものがあるのだけど(上に挙げたのは一部)、アンチエイジングにかなってる☆と書きながら改めて気がついちゃった(ホントに)。

  

病気にならないよう清潔にして、代謝を正常に保ち、毒を溜めない。自分と常に向き合い学び向上する。

 

そのためには食べ物や食べ方に気をつけ、柔軟な筋肉と筋肉量を持ち、質の良い睡眠を心がける。

 

気持ちや感情には意識が向くのに、体は置いてけぼりになりがち。無理がきくからって忘れちゃかわいそう、体の声も聞いてあげないと。

 

細胞、血管、血流、内臓、脳、筋肉、骨、皮膚…知れば知るほど私たちの体はよくできていて、まるで小さな宇宙のよう。

神様はよくこんなものをプログラムしたなぁといつも思う。私ならヤダ(笑)


この小宇宙を健やかな状態に保つのがヨガだから、ヨガのアンチエイジング効果は他のエクササイズの効果と違ってくる。

 

脳力の低下、筋力の低下、体と頭の柔軟性の低下。

これらは加齢によって進むけど、全部ヨガで遅らせることができる。と言われてる。

 

ヨガのアンチエイジング効果とは

保険対象にもなるくらい、ヨガの効果については医学的科学的にアメリカやヨーロッパやインドで研究されている。

ヨガは実際にやってみないとわからないから、こんな風に科学的に証明するのはいいと思う(^^)♪

 

わかっているだけでも、

主なものを挙げてみました。

 

アンチエイジングがなんで注目されるのだろう?

アンチエイジングってなんだろう?

そんなところから書き始めたけど、ヨガのアンチエイジング効果に行き着いちゃいました。

年齢より若く見られるときは「やっぱりヨガをやってるからなのね〜」なんて言われたりします。 そうなのかもしれません。

 

年を取りたくない理由とアンチエイジング 

年を取りたくないと思うのは、加齢を老化にするからだと思う。

体がいうこときかないとか、体型が崩れるとか、シワとかシミが増えるとか、おもしろいことがないとか、もう年だからなんて思っちゃうこととか。

 

体も肌も髪もケアをすればちゃんと体は応えてくれる。

経験を重ねたことでしかわからない感謝は内側から人を輝かせる。

知っているつもりの世の中は実は知らないことだらけ。一瞬一瞬が新しい好奇心の対象にできる。

聞いたことがある音楽、読んだことがある書物もそのときの境遇や気持ちでまるで違ったものになる。新しい気づきや発見がある。

 

冒頭で書いたご婦人は、その美しさで中坊の私を感動させてくれた。

人はいくつになっても美しくいられる。

 

体も心もケアをして、好奇心を持ち、感謝に気づいて、時の経過を老化から成長と進化にする。

「今ここ」に存在している自分に感謝して楽しむ。

 

人生楽しまなきゃソン☆

若い頃そんなことを言ってたのを思い出しました。

自分を楽しむこと、楽しめるようにすること、「今ここ」にいる自分に一生懸命になること。

熱中していたりして時間を忘れてしまうとき、その人の「時」は実際に止まる。なんて言われています。

瞑想の老化を止める効果はそれかもですね。

時を止める。

それは一番のアンチエイジング

 

 

www.leaven-inc.com