ヨガの効果・ヨガのいいこと

ヨガが教えてくれる心と体と美と健康~Beautiful Life~

風邪かな?それとも寒暖差アレルギー?症状の違いと原因と改善法

秋はどこへ?

イキナリ冬がやってきたような今年 。

 

「なんだか最近クシャミをしてる人多くない?」と言うと、「わたしも最近アレルギーが出てます」と言われて「ああ☆」。

 

寒暖差アレルギー

くしゃみ?鼻水?鼻づまり?

…風邪?

 

f:id:kireinakurashi:20161104073425j:image

 
風邪に症状が似てる寒暖差アレルギー。
 
  • 鼻水・鼻づまり
  • 食欲不振
  • 疲労感
  • 睡眠トラブル
  • イライラ
 
人によって、
 
  • 蕁麻疹
  • 嘔吐
  • 肌荒れ
  • 頭痛
 
といった症状があります。
 
風邪かな?と思いやすいけど、
 
  • 目に充血がない
  • 鼻水がサラサラ
  • 発熱がない
 
なら寒暖差アレルギーの可能性が高いです。
 
寒いところから暖かいところに入ったら、鼻がムズムズ、クシャミが出る。なんていうのも寒暖差によるもの。
 
 

寒暖差アレルギーに薬は効かない

アレルギーと名前はついているものの、アレルギーを起こす原因物質であるアレルゲンがない。
だから薬は効かない。
というより根本的な治療薬がないのが寒暖差アレルギー。
 
寒暖差アレルギーは温度の変化による自律神経の乱れによるものと言われています。 
筋肉量が少なく体内で熱を作ることがニガテな成人女性が起こすことが多いそうです。
 
冷えている人は自律神経が乱れるし、自律神経が乱れていてると冷える。 
アレルギーのある人には普段から体を動かす習慣のない人が目立ちます。
 
筋肉量が少ないと、新陳代謝が悪く体温が低いために免疫力が弱くなる。
筋肉が熱を作るので、筋肉量が多ければ代謝も良く、冷えもなく、免疫力も高くなります。
 

改善には冷えと自律神経がカギ☆

冷えと自律神経の乱れの両方を改善するのが改善のカギです✧
 
適度な運動は自律神経のバランスを整えられるし、冷えも改善できる。
寒暖差アレルギーだけでなく、他のアレルギーの改善に、ダイエットや美容にも良い効果があります☆
 
日頃から適度な運動をすると、元気なる、老けない、美肌にも良いですよ。
 
 
f:id:kireinakurashi:20161104075003j:image