読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨガの効果・ヨガのいいこと

ヨガが教えてくれる心と体と美と健康~Beautiful Life~

疲れやすい・ぽっこりお腹が凹まない・運動パフォーマンスが上がらない。それインナーマッスルで解決です☆

姿勢 アンチエイジング インナービューティー 腰痛 ダイエット ヨガ ヨガの効果

f:id:kireinakurashi:20160923175846j:image

私がまだボストンに住んでいた頃。

確か専攻はロボット工学だったかな。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の友人の研究室に遊びに行ったんです。

 

そのとき友人が作っていたのはロボットの手。

シュワちゃん主演の映画、「ターミネーター」に出てきそうなこんなの↑

 

人間の手の動きをさせるのは至難の技とか、最も難しいとか言っていたような…。

ロボットど素人のわたしでも、そうだろうなって思った記憶( ̄ー ̄)。

 

手だけじゃなくて、人間の体の動きは非常〜に複雑☆

立ち上がる、振り返る、髪をかきあげるといった何気ない動作1つでも、手足の関節を微妙に回転させたりする動作を同調させなきゃならない。

 

複雑な動きを可能にしてるもの

もしも腕の筋肉が、肘を曲げる筋肉(上腕二頭筋)と、肘を伸ばす筋肉(上腕三頭筋)しかなかったら?

 

ロボットのような直線的な動きしかできない( ̄^ ̄)

 

複雑な動きをするためには、腕を曲げ伸ばしするメインの動きとともに、微妙な動きをする補助的な動きが要る。

この補助的な動き、動作の微調整をするのがインナーマッスルね。

 

それに、人間の関節は柔らかい動きができるように、軟骨や腱などの柔らかい組織で連結されていている。

つまり固定されていないから、動きにあわせて骨と骨の位置を最適な位置に保たなくちゃならない。

このときの関節の位置を調節しているのもインナーマッスルなんだ。

 

なんとなくインナーマッスル大事な気がしてきた。

 

しかし筋トレ・・・ ( ̄ー ̄  )

ジムに行かないかと誘われると、「なぜジムに行く?」と不思議に思いつつ見送るだけだった私の頭の中はこう↓

 

  • 筋肉鍛えてなにかいいことあるの?
  • 疲れるだけじゃないの?
  • なにが楽しくてエクササイズ?

 

自分で言うのもなんだけど、運動神経は良いほうだし、体育の授業だって好きだった。

でもジムで筋トレ?

( ̄ー ̄〃)ノナイナイ

 

でも違うの。

わかりました。

体がラクなの。

気持ちが前向きになるの。

疲れにくいし疲れがとれやすいの。

そう筋肉は大事だった☆

 

いわゆる「筋トレ」じゃない

ジムでガシガシ鍛えて筋肉モリモリ☆
お腹割れてる、力こぶ見える〜♪なこの筋肉はアウターマッスル。 

 

インナーマッスルは、アウターマッスルと違って見えないし意識しにくい筋肉☆
だってインナー(深層)マッスル(筋肉)だもの←相田みつをになっちゃった( ̄▽ ̄)

 

筋トレじゃなくても、アウターマッスルはスポーツや格闘技をしていると優先的に鍛えられる筋肉。

瞬発的な力を出したりする大事な筋肉だけど、アウターマッスルばかりを鍛えていると、動きの美しさに欠け、無駄に動いてエネルギーロスが増えて疲れやすく、運動パフォーマンスも上がりにくく、ケガをしやすくなる。

 

で、お題のインナーマッスルはスポーツやジムなどの「筋トレ」じゃ鍛えにくいみたい。

そもそもインナーマッスルって具体的に普段どんなときに使ってるんだろう?

  

インナーマッスルの役割

インナーマッスルは体の微妙な動きを調整するので、スポーツに限らず、

  • 日常生活
  • ボディライン
  • 老化の進行
  • 痛みやコリ

に大いに関わっている筋肉。

 

例えば、日常生活の中での動作にムダが無くなるので疲労が少なくなる。

歩く・立ち上がるといった「立ち振る舞い」が美しくなるわけです。

 

お腹周りのインナーマッスルを鍛えられると、お腹が凹むし、ウエストがくびれる。

腰回りと体幹を安定させるので、腰への負担が減って、腰痛の予防や改善になります。

 

お腹周りのインナーマッスルは、体幹を整える、血液循環を促す、体温維持など様々な働きがあるので、基礎代謝を上げるために重要な筋肉。

つまり、美容にも健康にも重要な筋肉なんですね( •̀ .̫ •́ )✧

 

動きの調整能力の向上

運動をしている人にとっては、インナーマッスルはパフォーマンスの向上に重要な筋肉☆

 

ボールを投げる、ボールを蹴るといった動作では、肩や腰を素早く回転させ、腕や脚を振る方向、手首や足首の向きなどを微妙に調整しなきゃならない。

 

格闘技なら、相手の攻撃を避ける、パンチの軌道や相手に当った時の衝撃の方向をコントロールするためには、関節の向きを微妙に変えたり回転させるためのインナーマッスルを鍛え、正確な動きができる状態にしておくことが理想。

 f:id:kireinakurashi:20160919162129j:image

合気道の段保持者の方のパーソナルトレーニング中↑

 

ついついアウターマッスルを鍛えがち

でもスポーツをしている人の場合は、アウターマッスルばかりが優先的に強化されてしまう事が多い。

すると力を出そうとした時にインナーマッスルがアウターマッスルの力に振り回されて、姿勢が不安定になったり、関節を正しい位置に保てなくなったりすることがあります。

 

インナーマッスルを鍛えるメリット

インナーマッスルを鍛えると、体全体の姿勢や、関節の位置が安定します。

体の微妙な動きがコントロールできるようになるし、ケガも予防できる。

 

世界のトップアスリートがクロストレーニングとしてヨガを取り入れているのは、アウターマッスルもインナーマッスルも鍛えられ、柔軟性も高くなるから。

 

ヨガで効率よく、苦しくもなく、気持ち良く鍛えられたインナーマッスルは、一度鍛えたらそうそう落ちません☆

だって正しい姿勢が本来1番ラクな姿勢だから(^^)

f:id:kireinakurashi:20160919164511j:image 

インナーマッスルが鍛えられると、姿勢がきれい。

お腹が凹む。ウエストがくびれる。 

お腹のインナーマッスルが弱くて下垂していた内臓が正しい位置に保たれて、内臓の働きが良くなる→体が元気になる。

 

若さと筋肉量は比例しますから、インナーマッスルを鍛えておけば若さが保て、動きに無駄がなくなるので疲れにくい。

そして所作が美しくかっこいい☆

 

インナーマッスル鍛えるといいことがあるのはアスリートだけじゃありません。

美しい姿勢でシャキシャキ元気に動く人はとっても好感度が高い☆

なにより自分の気分がいい♪←これが一番大事w

 

インナーマッスルを鍛えたくなったら、手っ取り早く取りかかれるのは呼吸です☆

 

お腹周りのコルセットのような腹横筋が一番意識しやすいと思います(^^)

コルセットを締め上げるような感じで、お腹周りの筋肉が締まっていくのを感じながら、ながーく息を吐く練習を何回か繰り返すことでお腹周りのインナーマッスルを鍛えることができます(*^^*)

 

全身のインナーマッスルをバランス良く鍛えたい場合は…やっぱりヨガかなぁ。

 

しかし筋トレ…( ̄ー ̄  )

↑だった私が続けてるくらいなので(笑)、ちょっくら試しにやってみてはいかがでしょうか( ´ ▽ ` )ノ

 

渋谷区原宿・表参道エリアのヨガセラピースタジオ~LEAVENレヴン~ - 株式会社LEAVEN

お問い合わせ・体験レッスンはお気軽にどうぞ

f:id:kireinakurashi:20160919170118j:image