ヨガの効果・ヨガのいいこと

ヨガが教えてくれる心と体と美と健康~Beautiful Life~

寝ても疲れが取れませんか?

疲れたら休むのが1番!

休んで疲れをとりましょう!

お風呂にゆっくりとつかって、ぐっすりと眠る。
 
 
でも寝ても疲れが取れない。
 
そんなあなたは疲れすぎ。
 
疲れすぎて運動不足していませんか?
体が硬いですか?
呼吸が浅かったりしませんか?
 
本来であれば、疲れは眠れば回復するものです。
私たちの体は、眠っている間に疲労物質を排出し、栄養や酸素を行き渡らせて体の回復を図ります。

でも疲れた体は筋肉が硬くなっています。
弾力のない、カチカチのお肉の中は血行が悪い。

疲労物質も、栄養も、酸素も、全部血流に乗って運ばれているというのに、体が硬いと血行が悪く、疲労回復を妨げてしまいます。
 
寝ただけじゃ疲れがとれないで放っておくと、ずっと疲れがとれなくなる慢性疲労になりかねません。
 
朝起きても疲れがとれないわけです。
 
疲労回復への道は、血管の通りをよくすることです。
ストレッチなどで、筋肉に溜まった疲労物質と栄養の交換をしやすくしましょう。
 
呼吸と動きを合わせてゆったりと行えば、副交感神経(自律神経の片方)を優位にし、脳を鎮める効果で、眠りの質を高めてくれます。
 
逆にハードな運動は疲労を重ねることになりますし、交感神経(自律神経の片方)が優位になり、神経を興奮させます。
眠りの質を落としてしまうので、夕方以降は避けましょう。
 
疲労回復のストレッチのコツは「頑張らない」こと。
頑張ると力が入ってしまいます。
リラックスした呼吸と気持ちで、あなたが痛気持ち良いと感じる範囲で行いましょう。
 
心地よく生きましょう
 
f:id:kireinakurashi:20160209162444j:image