読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨガの効果・ヨガのいいこと

ヨガが教えてくれる心と体と美と健康~Beautiful Life~

疲れが取れないのは動いてないから

ヨガ ヨガの効果 疲労
疲れたら休むのが1番です。

休んで疲れをとりましょう!

お風呂にゆっくりとつかって、ぐっすりと眠る。

なんてステキな響き꒰ღ˘◡˘ற꒱*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

でも寝ても疲れが取れない。

そんなあなたは疲れすぎ。

動かなすぎ。


運動不足してませんか?

体が硬いでしょ?

呼吸も浅かったりします?

もしそうなら休んだり寝たりするだけじゃ疲れは取れないし、そのままにしておくと慢性疲労になりかねません。・°°・(>_<)・°°・。


疲労は眠れば回復する。

それは体は眠っている間に疲労物質を排出し、栄養や酸素を行き渡らせて体の回復を図るから。

でも疲れた体は筋肉が硬くなっていて、血管が押さえつけられて血行が悪い。

疲労物質も栄養も酸素も血流に乗って運ばれているというのに、

硬い体は血行が悪くて疲労回復のジャマ!

朝起きても疲れが取れないわけです。


だから休む前に血管の通りをよくするためにヨガやストレッチで血管の通りをよくすることが疲労回復への道です。

筋肉に溜まった疲労物質と栄養の交換をしやすくします(^^)

呼吸と動きを合わせてゆったりと行うヨガなら、副交感神経の働きを高め、脳を鎮める効果もあるためさらに眠りの質が良くなります。

逆にハードな運動は疲労を重ねることになるし、交感神経の働きを高めて神経を興奮させ眠りの質を落としてしまうので、お休み前は避けてくださいね☆


f:id:kireinakurashi:20160209162444j:image