読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨガの効果・ヨガのいいこと

ヨガが教えてくれる心と体と美と健康~Beautiful Life~

全米ヨガアライアンス認定インストラクター(RYT200)の資格を取得する

ヨガ RYT200
ヨガを教えるのに資格は必要ない☆んですけど、わたし持ってますね(笑)
ヨガの指導を学びに行ったら資格をもらったという感覚ですけど。
 

全米ヨガアライアンス

全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)とは、1999年に2つのヨガ団体が合併してできたアメリカの協会で、現在 "国際ライセンス"の位置づけとなったRYT(Registered Yoga Teacher:登録講師)の認定を行っている非営利団体のこと。
 
f:id:kireinakurashi:20151113182759j:image
 
「全米ヨガアライアンスの登録講師(RYT)は、世界的スタンダードと言える指導者ライセンスを取得したとの認識を得ることができる。」といえます。
 
この中にもいろんな資格があります(^^)
 

資格と即戦力

でも資格を持っているからといって即戦力になるかどうかは別だったりすること多いですよね。わたしもそうでした。

 
そんな私がRYT200インストラクター養成講座を始めた理由は、レッスンや講座に参加された方、ブログの読者の方からのご要望の声からです。
 
ずっと、「インストラクターの養成はしていません。できないです。」と断り続けていた重た〜いお尻をやっと持ち上げたのは、生徒さんの熱意とタイミング。それときっとなにかのご縁。
 
全米ヨガアライアンスが提唱するのは、あくまでも 「数値基準」 。
単にRYTを取得しているということ自体が絶大な信頼に繋がる訳ではなんです。
実際にインストラクターとして活躍する場合、どういったトレーニングを受け、どういったスキルを持ち、どれだけの指導力を持っているのかといった、インストラクターとしての「実力」が問われます。
 
大切なのは全米ヨガアライアンスの認定を取得することではなく、自分が心から良いと感じるスタイルのヨガを見つけて、それを伝えていければいいんじゃないかと思うのです。
 
LEAVENのインストラクター養成講座は、知識や練習といったインプットもアウトプットも重視します。
知識を詰め込むのではなくどう生かすのか。
インストラクターとしての「実力」を身につけることに重点を置いています。
 
お問い合わせはお気軽に(^^)
 
0f:id:kireinakurashi:20151113233932j:image