ヨガの効果・ヨガのいいこと

ヨガが教えてくれる心と体と美と健康~Beautiful Life~

O脚は脚の骨が曲がっているからではありません


O脚のご相談を受けて、「O脚改善エクササイズ」をスタジオや出張レッスンでやってみたら、О脚を気にしている人は男女共にこんなに多いのΣ( ̄。 ̄ノ)ノと驚かされました。

日本人の8割がО脚だと言われているのだから、当たり前と言えば当たり前。

でもあまり気にしていないのかと思っていました(^^;)

一口にО脚といっても色んなタイプがあります。

大きく分けると
・足の付け根が付いているタイプのО脚
・離れているタイプのО脚
・X脚と混合のXО脚
があります。

はだしで立ったとき、
*足の付け根
*膝
*ふくらはぎ
*内くるぶし
の4か所がつけば真っ直ぐな足。
どこか1つでもつかなければО脚です。
太ももはついているけれど、膝下が開いているのならXО脚です。

O脚を治すには、離れている膝の間を寄せて、脚を真っ直ぐにして・・・

というのがO脚改善のイメージかもしれませんが、それでは改善しません。

またО脚は脚の骨が曲がっていると思っている人が多いのですが、違います。

О脚になってしまった原因は、脚の骨が曲がっているのではなく、筋肉と関節の歪みです。
硬い骨はそうそう曲がったりしないんです。

f:id:kireinakurashi:20150626201030j:image

О脚は脚だけの症状ではなく、体全体のバランスの崩れが原因です。
つまりО脚は、骨盤、背骨、筋肉の調整をしないと改善しません。

О脚は日常生活の中での間違った体の使い方による歪みによるものです(構造的な場合もありますが)、

骨盤が開いて痩せにくい、О脚になる、なんて聞いたことありませんか?

正確には骨盤は(横には)開きません。
開くのは坐骨だと思ってください。

坐骨が開くと太ももが内旋(膝が内側に向く)します。
腰の反りや猫背はこれを助長します。

つまり姿勢が悪いと坐骨が開きやすいんです。
出っ尻で内股なのをイメージするとわかりやすいかと思います。

f:id:kireinakurashi:20150626201843j:image

他にも、
・大腿骨が外に開いて骨盤より出ている(脚の付け根の骨が骨盤より出っ張っている)
・歩き方により筋肉の付き方に偏りがある
・重心が正しく取れていない
・肩が前に入っている
・腰が反っている
・背中が丸く猫背
・体が硬いなど
はО脚の原因になります。

姿勢を正しく保つ筋肉をつけること、関節の可動域を広げることは、美しさや若さを保ち、健康でいるために大切なことです。

О脚を改善すると、肩こりや腰痛、不定愁訴や生理痛、冷えも改善します。

О脚を放っておくと上記のような症状だけでなく、膝の内側の軟骨がすり減って、骨と骨がぶつかるようになってしまい、膝が痛くて歩けないなんてことになることも。

普段から正しい姿勢を保ち、正しく歩く。
これだけで歪みの改善に効果があります。

自分の体の動かし方のクセなんてわからない…。
そんな人は一度誰かにチェックしてもらうのも手です(^^)

自分の体の感覚を研ぎ澄ませてみると、気づかなかった色んな自分に会えますよ☆