ヨガの効果・ヨガのいいこと

ヨガが教えてくれる心と体と美と健康~Beautiful Life~

やたらと汗をかいてしまう汗かき(多汗症)はヨガで治る

暑ければ汗をかく!

でも年がら年中やたらと汗をかく!汗の量が尋常じゃない!

なんて人にとって悩ましい夏☆

なんでこんなに汗がでるんだー!。・゚(´□`)゚・。

というあなた☆

自律神経のバランスが崩れているかもしれません。

最近は自律神経が流行ってるとかで、「流行る?流行るようなものじゃないでしょ?!( ゚д゚)」と最初は思いましたが、「自律神経の乱れから体調崩しているのに気づいてない気づいてない人が多い」と前々から気にしていたわたしとしては「気づいてくれるキッカケになればいっか☆」ということで。

こんな風にご紹介頂いてますし( ̄▽ ̄)

f:id:kireinakurashi:20160803145006j:image

自律神経はメチャ大事☆な生命維持装置

それなのにどうもナメられてる気がする(;-_-) =3 

呼吸・血液循環・消化・吸収・排泄・発汗・体温調節なんて大事なことを、私たちの意思とは無関係にずっと調節してくれているメチャ大事な神経なんです。

これが乱れたら体も心もそりゃヤラれますよね☆

頭痛、倦怠感、鬱、パニック障害、めまい…

あ、話がズレました。

汗!汗の話でした!


汗と自律神経

自律神経には2種類あって、交感神経と副交感神経といいます。

この2つの自律神経がバランスを取って生命機能を調整してくれています。
でも発汗に関してはなぜか交感神経だけが調整しているんですね。

自律神経が乱れると、ほとんどの場合、副交感神経の働きが弱くなります。 

すると発汗を調整する交感神経の独壇場となる☆


じゃ異常な汗かきを治すには交感神経の独走を抑えればいいんじゃん(((o(*゚▽゚*)o)))?


ってどうやって!?Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


交感神経の独走を抑える

私たちが意識しなくてもずっと生命機能を調節してくれている自律神経。

そうじゃないと、寝る間も無く自分で意識して心臓を動かしたり、体温調整したりしなきゃならない。

つまり自分でコントロールすることができない…


じゃあ、どうするの!?。・゚(´□`)゚・。


大丈夫です(^ー^)ノ


私たちには唯一意識的にコントロールすることができる自律神経があるんです☆


唯一コントロールすることができる自律神経

自分の意思でコントロールできる唯一の自律神経があります。

それは呼吸です。

呼吸を正しい呼吸にすることで、弱った副交感神経を鍛えることができます♪(v^_^)v

 

でも呼吸なんて毎日してるじゃん・・・(´-`).。oO(

 

そう思ったあなた!

現代人の呼吸はたいへん浅い!

そしてそのことにほとんどの人が気づいていないんですよ〜!(」゚ロ゚)」


多くの生徒さんが自分がどんな呼吸をしているのかを知り、正しく呼吸ができていないことに驚きます。

無意識に365日24時間やり続けていることですから、おかしなクセがついてしまっていても気づきにくいんです。

間違った呼吸のしかたに気づくことが第一歩☆必ず本来の正しい呼吸ができるようになります。

呼吸が深くなると、多汗症が治るだけでなく、自律神経が整って体調も良くなるし、代謝も上がって肌がきれいになったり若返ったりしますよ( ´ ▽ ` )ノ

 

呼吸を見直してみようかなと思ったら、体験レッスンへ↓

内側から健康に美しくなるヨガ&ヨガセラピー

渋谷区原宿・表参道エリアのヨガセラピースタジオ~LEAVENレヴン~ - 株式会社LEAVEN

f:id:kireinakurashi:20160803152605j:image